1. HOME
  2. ブログ
  3. アパレル・繊維業界
  4. 作業着のクリーニング料金はいくら? 作業着をクリーニングに出すメリットを解説します

BLOG

ブログ

アパレル・繊維業界

作業着のクリーニング料金はいくら? 作業着をクリーニングに出すメリットを解説します

作業着は家で洗濯するのは大変なので、業者に依頼しようと思う方が多いと思います。
しかし、実際クリーニングに出すと料金がいくらかかるのかわからないためにクリーニングを躊躇している方もいるのではないでしょうか。
この記事では、作業着のクリーニング料金の相場からクリーニングに出すメリット、かかる日数までを解説します。
是非クリーニングを検討している方は参考にしてみてください。

作業着のクリーニング料金相場は?

クリーニングには大きく分けて「店舗型クリーニング」「宅配型クリーニング」の2種類があり、それぞれ料金相場が異なります。
それぞれの特徴と料金相場について以下で詳しく解説します。

店舗型クリーニングの料金相場

店舗型クリーニングは、「即日受け取りができる」「口頭で細かい要望を伝えられる」「送料がかからない」といったメリットがあります。
また、店舗型クリーニング店の方が送料がかからないため料金が安くなりやすいです。

店舗型クリーニングの料金相場は以下の通りです。

上着 600円~
ボトムス 500円~
つなぎ 1,500円~
シミ抜き 500~5,000円~

宅配型クリーニングの料金相場

宅配型クリーニングには、「作業服を持ち運ぶ必要がない」「24時間申し込める」「料金設定がわかりやすい」といったメリットがあります。
衣類1着だけで出すと料金が高くなってしまいますが、オプションであるシミ抜きを依頼したりまとめて衣類を依頼した場合はお得に利用できる場合が多いです。

宅配型クリーニングの料金相場は以下の通りです。

上着 1,000円
ボトムス 1,300円
つなぎ 2,300円
シミ抜き 無料~1,500円

作業着をクリーニングに出すメリットは?

実際、作業着をクリーニングに出した場合にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
以下にまとめてみたので、クリーニングに出すか迷っている方はぜひチェックしてみてください。

洗濯の手間が省ける

作業着は通常の衣類よりも汚れが多く付着しているため、洗濯機に入れる前に部分洗いするケースも多いです。皮脂や汗だけでなく落としにくい汚れが付いている場合には洗剤を使いわける必要も出てくるためかなりの手間がかかってしまいます。
さらに、汚れのひどい作業着をクリーニング店で洗うと、自宅の洗濯機が汚れてしまう可能性もあります。洗濯槽に付着した汚れをそのまま放置すると、雑菌やカビが繁殖する原因にもなります。
その点、クリーニングに依頼すれば、作業の手間がかからない上に洗濯機が汚れる心配もなくなります。

高い洗浄力で作業着を清潔にできる

作業着には目には見えない汗や皮脂汚れや油など自宅では中々落としにくい汚れが付着していることが多いでしょう。油汚れは自宅で洗濯する場合にはシミ抜きなどの手間がかかる上に、洗剤や道具などを用意する必要があります。
クリーニングにはあらゆる汚れの洗浄に精通しているため、高い清浄力で作業着を清潔に
することができます。

乾燥までを行ってもらえる

作業着に限らず衣類は洗った後乾かす必要があります。
作業着は体を守るために生地が分厚く作られています。そのため、乾燥には二日程度かかってしまいます。乾燥まで時間がかかると雑菌が繁殖してしまいますし、直射日光の下で干すと日焼けや変色を起こしてしまう恐れもあるため、家で作業着を干すことは避けた方が良いでしょう。
クリーニングに出すと作業着に適した乾燥方法で乾かすため、雑菌も繁殖しませんししわもつきません。洗濯だけでなく、乾燥の面でもクリーニングに出すのにはメリットがあるのです。

作業着のクリーニングにはどれぐらいの日数がかかる?

作業着のクリーニングにかかる日数は、店舗型クリーニングと宅配型クリーニングで異なります。
店舗型クリーニングに出す場合、仕上がりまでにかかる日数は即日~2日程度です。一方で、宅配クリーニングでは郵送の時間がかかるので、通常2~7日程度かかります。
宅配クリーニングの方が時間がかかってしまいますが、追加料金を支払うことで「お急ぎ便」を利用することができるサービスもあります。
シミ抜きなどのオプションを利用した場合はさらに日数がかかるケースもあるため、急ぎの場合には店舗型クリーニングを利用した方が安心です。

退職するときは作業着をクリーニングに出すべき?

会社から作業着を借りている場合、退職時に作業着はクリーニングをしてから返却をするのが一般的です。
契約書にクリーニング後に返却という内容が書かれていないと不満を持たれる方もいらっしゃると思いますが、会社から借りているものなので返却時のマナーとして綺麗にして返すのが良いでしょう。
ただし、何もせずそのまま返却するように指示された場合には、それに従い返却しましょう。

おすすめのクリーニング

ここからはおすすめのクリーニング店についてご紹介します。
どのお店に頼むのかを迷った際に参考にしてみてください。

1.ホワイト急便

ホワイト急便は店舗型と宅配型どちらのサービスも提供しているクリーニング業界大手です。
日本全国に5.300店舗あり、汗取り加工やシミ抜きなどの充実したオプションや繊細な技術を要する衣類に対しても適切に対応してくれる点が魅力的。
料金は地域によって異なるため、ぜひHPでチェックしてみてください。

URL: https://www.white-ex.co.jp/ 

2.白洋舎

創業100年以上の大手クリーニング店である白洋舎。
こちらは宅配型サービスと集配サービスを行っています。集会サービスでは白洋舎の社員が服の集荷に来て、直接悩みを聞いてくれます。
保証が充実しており、再仕上げサービスの期間が通常は1週間以内が多いのに対して白洋舎は3ヶ月もあります。宅配サービスでも事前に希望がかける要望シートがあるため、自分の希望を叶えやすいです。また、配送手配や段ボールの用意が必要ないので送るときの負担がない点も魅力的です。

URL: https://takuhai.hakuyosha.co.jp/shop/default.aspx?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=pmax&gad_source=1&gclid=Cj0KCQiA1rSsBhDHARIsANB4EJal4Lp_ZL2XFaP-j_5W9MeDJ9VoVGdxlXyTXiMHTWjp396tZCvEooEaAkcQEALw_wcB 

3.Lenet(リネット)

宅配クリーニング業者大手のリネット。
申し込み時に申請すれば、無料で送付用の段ボールが貰えます。コンビニからだけでなく、家からクリーニングに出すこともできるため、気軽にクリーニングに出せるのが魅力的です。
仕上がりから30日以内なら無料で再仕上げもしてくれるなどアフターフォローも充実しています。

URL: https://www.lenet.jp/trial?fa=true&utm_source=accesstrade&utm_medium=affiliate&atnct=kuritaku2_0100okk900gz2s-0a2b1d3c098a5f879f2e7836b0de7d3b&ct_33f72561b0152n6d=6.1.365.CcsKE9uIFMWMK3Gf.365.CssKE9uIFMWMK3Gf.C8sKE9uIFMWMK3Gf 

洗宅倉庫

宅配クリーニング業者の洗宅倉庫は、服に合わせてコースを選択できる点が魅力的です。
作業着のクリーニングだけであれば、「単品衣類」として最短2日で申し込むことができます。単品なので送料は取られてしまいますが、宅配クリーニングで早く仕上げてもらいたい場合におすすめです。
シミ抜きや再仕上げなどのオプションを無料で行ってくれるのも嬉しいポイント。

URL: https://sentakusouko.jp/ 

Nexcy(ネクシー)

宅配クリーニング業者のネクシーは、料金が比較的お安く設定されています。会員サービスも存在し、メンバーズ会員であればクリーニング料金の割引が受けられるため定期的に利用したい方は会員登録を検討してみても良いでしょう。
送料も無料でクリーニングの質も良く、シミ抜きやボタン外れの補修まで行ってくれます。お安くクリーニングに出したい方におすすめです。

【まとめ】作業着はクリーニングに出して清潔に保ちましょう

いかがだったでしょうか。
この記事では、作業着のクリーニング料金から業者に依頼するメリット、かかる日数からおすすめのクリーニング業者までを解説しました。
自宅で洗うと何かと手間がかかる作業着。ぜひ汚れが気になる際にはクリーニング業者に依頼し、清潔に保ちましょう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事